作業に求められる機能で選ぶ

どこに着ていくのか現場に合わせて機能を選ぶ

作業着を選ぶときには多機能なものを選びたいところですが、現場や環境に合わせて求められる機能が異なることも少なくありません。選ぶときにはその現場で求められる機能のものを積極的に選びましょう。現場が屋内・屋外どちらかによって、求められる機能は全く違います。また、現場の気温や湿度によって、通気性の高い物を求められることも多いです。特に日中湿度の高いところで作業を行う場合には、通気性の高い物を選びましょう。夜間に作業を行う場合には、寒暖の差が激しい季節の場合、冷え込む可能性があるため、注意して作業着を選んでください。作業内容によっては動いているうちに暑くなることもあるため、寒過ぎず暑過ぎないものを用意しておきましょう。

様々な機能がついているものが多い

静電気が発生しやすい季節や静電気が発生したら困る現場の場合には、静電気が発生しにくい帯電防止加工のなされているものを選びましょう。静電気が発生することで、作業に大きな影響を及ぼす現場もあるからです。また現場によっては、雑菌が作業着について繁殖しないように抗菌・制菌加工がなされているものを選ぶことも重要となります。
火の取り扱いが多いところでは、万が一燃え移ってやけどを負わないように防炎加工のあるものを、雨が降りそうな季節に屋外で作業を行う場合には、防水・撥水機能のあるものを選んで使うことが、現場でのトラブルを防ぐために重要です。トラブル回避のためにも現場ごとに機能性の高い物を選ぶことで、作業がスムーズに進みます。